アニメとかの感想書留

ブログ名の通りです。映画に焦点を絞りたいな、と思っております。カテゴリーの一覧はこちら→http://animekanso.hatenablog.com/entry/2016/04/07/124605

アプモン23話感想

 最近youtubeどうなっちゃったわけ?分刻みで固まってホントイライラする。お手軽さが売りのyoutubeに読み込みの速さ取ったら何が残るんだよ…アホか。

 

 まあどうでもいい愚痴はこのくらいにして。

 

 今回は敵側の幹部、ミエーヌモンとの決戦です。極みアプモンへと進化したミエーヌモンによって仲間のアプモンを操られたハルたちは絶体絶命の大ピンチでした。そこに駆け付けたのは、前回極みアプモンを極めた、レイとハックモンのコンビ。

 この戦闘でハックモンの極みアプモンの能力は初披露となりましたが…その能力は治癒。ミエーヌモンの操る能力は、相手の身体に傷をつけないと発揮できないようなので、極み進化したハックモンとは相性最悪です。

 一気に形勢逆転され、ミエーヌモンは敗れました。

 

 今回は、そうですね…ミエーヌモンに辿り着くまでの小ボスとの戯れや、ミエーヌモンとの戦闘シーンがかなりローテンポでイライラしました。「味方を操られているんじゃ攻撃できない…!!」「俺たちに構わないで攻撃してくれ!!」っていうやり取りは必要なものなんですけど、あまりにも会話が長引くとやっぱりウザいですね。

 しかし、ピンチに駆け付けてくれたレイ&ハックモンのコンビは普通に格好良かったと思うので、プラスマイナスで比較的プラスの印象で結論がでました。

しかし、一つだけ突っ込んでおきたいことが。

 

 ワルダモンの能力、リバイブモンの能力から逆算しただろ!!

 

 ってことですかね(笑)

 あ、ワルダモン、リバイブモンはそれぞれ、ミエーヌモン、ハックモンの極み進化形です。

 悪いことだとまでは思わないけど…あまりにも単純だと、やっぱり突っ込みたくなるじゃない?笑