アニメとかの感想書留

Twitter「@kanso_na_kansou」https://twitter.com/kanso_na_kansou

アプモン感想41話

本日は高校生CEO雲龍寺ナイトとアルティメット4のラス1との最終決戦になりました。

う~ん…雲龍寺ナイトの設定についていい加減に考えていたところが裏目に出てしまったな、という感じです。ストーリーに関しては最初の段階から細かいところまで設計するのは無理ではある一方、キャラ設定については最初から細かく考えた方がいいなと改めて感じる回でした。

というのも、今回の話、敵サイドの雲龍寺ナイトと主人公のハルが意見の対立をさせつつも、リヴァイアサンに裏切られたナイトをハルが助けるっていう話なんですけど、正直言って、二人とも「いきなり何の話をしているんだ?」っていうレベルの論争を繰り広げています。

いや、人工知能と人類がどう付き合うのかって言うのはこの作品で大切なテーマになってくるとは思うんですけど、ハルは「人工知能と未来」なんて壮大なテーマでアプモンたちと付き合っているわけでもないので、いきなり「人工知能と人間は共存できる」とか言われてもしっくりきませんでした。まぁ、要するに、発言がハルらしくないってことです。

一方、雲龍寺ナイトは自らの過去を語るんですけど、彼がリヴァイアサンの手先になった理由は、「自分が開発したコミュニケーションアプリを使いこなせない人間たちが勝手にトラブルを起こして不幸にした」「俺のアプリは悪くない」っていう理由なんですけど、たったそれだけの理由で人類を否定するのはちょっと飛躍しすぎかなぁと思いました。自分が開発したテクノロジーが進みすぎていたばかりに受け入れられなかった、しかしリヴァイアサンはその真価を理解してくれた、とかならリヴァイアサンの側についていた理由も納得できるんですけど、リヴァイアサン人類を否定する思考に共感するレベルまでいくとやりすぎって感じです。

コミュニケーションアプリの間違った使い方をして他人を傷つける人間が現れたことに憤りを感じるような志の高い少年だったら、リヴァイアサンサイドについてもハルたちを殺そうとしたり、人間の命を懸けたゲームを楽しんだりしないと思うんですよね。

彼に関しては元々出番が少ないキャラクターな上に、主人公たちとの直接的な関わりもずっとなかったため、最終的によく分からないキャラで終わってしまいました。悲しきかな。

 

 

なぜ雲龍寺ナイトはキャラを確立できなかったのか

 主人公たちの障壁になりきれなかったからでしょうね。要するに、敵キャラなのに敵キャラをしてないっていうところ問題なんですよ。

 さて、ここで少し昔の敵キャラサテラモンを振り返ってみましょう。

 彼も出番は少なかったですが、グローブモンと非常に相性が悪い相手として登場し、ハルたち主人公サイドを追い詰めました。そこで登場したのは勇仁と、新キャラのオフモンです。オフモンは戦闘力こそ低いものの、サテラモンの能力を無力化する力でハルたちを窮地から救いました。しかし、その屈辱を晴らすためにサテラモンはオフモンに奇襲を仕掛けます。オフモンは進化前なので当然戦闘力では叶うはずもなく…

 という形で、戦闘力という明確な形で主人公たちの障壁になっていました。

 一方、雲龍寺ナイトは彼自身はアプリドライブを持つわけでもなく、また、悪事を考えるキャラクターでもありませんでした。何をしていたかというと、リヴァイアサンの命令を間接的に部下たちに伝えるだけ。つまり、主人公たちと対決するっていうシチュエーション事態に無理があるキャラクターなんですよね。主人公たちの行動を先回りするような戦略を一々考えるような形だったりと、何かしらの形でちゃんと妨害工作をしていたなら、もう少し存在感を出すことができたのではないかと思います。

 

 

ハルの存在意義

 今回の雲龍寺ナイトとの直接対決でちょっと疑問に感じたのは、ハルの説教。

 まあ、この手のアニメでは、ここぞというときに主人公がでしゃばって説教をし始める展開は珍しくありません。

しかし、このアニメでは、勇仁とのやり取りのお蔭で、ハルは他人の痛みに敏感な人物であることは十分語られているので、ナイトを説得する展開にも生かして欲しいと思いました。これまで蓄積した展開の中で折角プラスの貯蓄があるのに生かし切れていないのは、ちょっと勿体無いなぁと思いました。

 

 

面白台詞

雲龍寺ナイト「バイバイ、未来」

 リヴァイアサンから切り捨てられてあっさり死を受け入れます。しかしハルに助けられ、ちゃっかり生還します。そして「もう何もかもが分からなくなった」らしく、最後にいつもの「サンキュ、みーらい」ではなくこの台詞を残しました。

 どうでもいいけど、はじめ君の情報だけじゃなくて、ブートモンの情報も残して欲しかったなぁ。まぁそれを言ったら、Lコープの正体を知っておきながら(話の都合上)仲間になった後もハルたちにそのことを告げなかったコーチモンも同罪なのですが