アニメとかの感想書留

Twitter「@kanso_na_kansou」https://twitter.com/kanso_na_kansou

アプモン45話感想

大激突!?ガッチモンVSアグモン

 

今週はあらすじの方から先にざっくりと紹介します。今週はあらすじの方から先にざっくりと紹介します。


・ゲームのキャラクターが暴れ出して大騒ぎ

     ※どの事件にもアグモンが関わっていることが分かる。

     ※アグモンは、ハルにとっても思い出が深いゲームのキャラクター

 

・レイとはじめの調査の結果、暴れているゲームのキャラクターはブートモンを探していることが分かる。一連の騒動は、リヴァイアサンがブートモンを誘い出すための罠。


・ハルたち一行は、リヴァイアサンがブートモンを誘い出そうとしているポイントに行く。なんだかんだでみんなとはぐれてハルは独りでそこに行くことに

 

アグモンと遭遇。アグモンはおかしくなってしまったゲームキャラクターの皆の目を覚ますために頑張っていることが明かされる。

     ※このアグモンは、春のプレイデータのアグモンらしい

 

アグモン(後にウォーグレイモン)と一緒に、ゲームキャラを操っているアプモンを倒す。

 

アグモンとの別れ


という感じ。

そう、今回はサービス回です。過去作のデジモンアグモンがゲスト出演しました。まあ、過去作のキャラが登場するのはデジモンでは比較的よくあることです。

いやしかし、今回アグモンが登場したことで、「そういやこれって一応デジモンシリーズだったんだな」って思い出しました。アプモンは他のシリーズ作品と比較しても話の作り方が異色な上、過去作のキャラクターがデジモン含めて一切登場しないので、いつの間にか完全に別アニメのように認識してしまっていた。

アプリドライブの力を一切借りずにアグモンをウォーグレイモンに進化させてしまう展開とか色々、アプモンというアニメの根本を揺るがしかねない展開も見受けられたんですあけど、比較的にきれいに纏まっていたし、自分が愛着を持って育てた自分だけのセーブデータを持つゲームキャラと交流することができるっていう内容は夢があっていい内容だなと思いました。

坂本千夏さん(初代デジモンアグモンの声優さん)ボイスのアグモンは特に人懐っこい感じが表れていてかわいかったですし、初代のファンとしても嬉しく思いました。

 

まあ今回の感想はこんな感じで終わりです。こういう話は、物語としての面白さとは違ったモノが求められているのでね、話自体に長文でアレコレ書くのも野暮だと思いましてこれくらいにしておきます。じゃあ何が求められているのかっていう話になると、イベント性ね。視聴者が求める「もしも」を見せるっていうのがポイント。しかしやはり一応物語の形は取っているので、キャラクターとしての魅力を掘り下げるような描き方はしていないといけないんですけど、まあそこは先述したように夢があってアグモンの魅力が再現されていたので、よくできていたと思います。

 

って書くとなんか生意気ですけど。

 

ただ、一つ突っ込むとすれば、私がアグモンだったら「ハルのヘタクソなプレイで何度もボコボコニされたじゃねーか、積年の恨みを喰らえ!!」とでも言ってしまいそう。

昔から、「動物さんとお話しできればいいよね」っていう話とかを聞くと、反射的に「『もっと美味い飯寄越せ』って言われたらどうしよう」とかそっち方面で考える性質なもので。へへへ。

やはり、夢は夢だから夢なんですね。